*

AGA治療

頭頂部が薄い!てっぺんはげを改善させる方法とは?

頭頂部の髪が薄いと言う場合、男女ともに共通している原因としては血行不良とダメージの蓄積が考えられます。そして男性、女性、それぞれのホルモン分泌が関係していることもありますから、それぞれに応じた改善方法をとる必要があります。

 

〜男女共通の原因、血行不良とダメージの蓄積を改善する方法とは〜

 

頭頂部の髪が薄い原因としては、まず血行不良とダメージの蓄積を挙げることができます。これは男女ともに共通している原因と言えます。血行不良により毛母細胞に栄養が届かないと、細胞分裂ができないために発毛は滞りがちになってしまいます。頭頂部の頭皮に触れてみて、硬く感じたり、冷たく感じた場合は、血行不良が進行している恐れもあります。ですから、血行促進効果のある育毛剤を使用したり、洗髪をする際にその部分を揉みこむようなマッサージをするのが効果的です。全身から血行を促進させるため、適度な運動習慣を持つのも対策のひとつです。また頭頂部は、日光や寒風などを直接、受ける部位でもあります。そのためダメージが蓄積して、健康状態が悪化しているため髪が薄いと言うことも考えられます。この場合は、そのダメージを防ぐことと、癒すことに対策が必要です。特に日差し、紫外線が苛烈な夏場や、寒風が厳しく乾燥が進行しやすい冬場は、頭頂部を隠すよう帽子や日傘を利用することを習慣づけると良いです。そして洗髪の際に使用するシャンプーなどは、刺激の少ないものにすると良いです。ごしごしと擦るように洗うのは厳禁です。

 

〜ホルモン分泌が原因の場合の改善方法とは〜

 

男性であれば男性ホルモンの、そして女性であれば女性ホルモンの分泌が、頭頂部の薄い髪の原因になっていることもあります。この場合、まず男性であれば医療機関に相談をして、専用の治療薬を服用することが推奨されます。ただしこの治療薬には副作用の報告もあるため、服薬に関してはきちんとした説明を受け、慎重に判断を下す必要があります。また治療薬より効果は劣りますが、サプリメントとしてノコギリヤシを含んだものを利用するのも対策のひとつです。一方、女性の場合は、女性ホルモンと似た構造をしているイソフラボンを含んだ大豆食品を摂取するのが良い方法です。また最近では、唐辛子に含まれている辛味成分とイソフラボンを同時に摂取すると、より発毛や育毛に対して高い効果を望むことができると言うことが明らかになっています。食事で摂取するのが難しい場合は、サプリメントを利用するのも良いです。また睡眠時間が極端に短かったり、その質が低いものであったりすると、女性ホルモンの分泌も滞りがちになります。ですから、その点にも注意することが求められます。

 

このような状況であれば内側と外側の両面から様々なアプローチが必要となりますが、今話題のビタブリッドCヘアーの効果はかなり期待できるかもしれません。

 

何れにしても内側と外側の両方から頭皮に栄養を与え、健康状態を保つことを考えましょう。


銀座か新宿がよい 育毛剤でもだめな人

正しい頭の地肌マッサージは、頭の皮膚の血液循環を促進します。頭の地肌のマッサージは、抜け毛防止に役立つため、ぜひ1日1回行い続けるようにすることをおススメします。
仮に薄毛が心配になりだしたら、できることならば早く医療機関において薄毛治療を受けることで、快方に向かうのも早くて、以降における状態の保持も備えやすくなるはずです。
実は爪先を立ててシャンプーを行ったり、汚れを落とすが著しいシャンプーを使い続けるのは、地肌を直接傷付け、結果はげに至るということがございます。傷がついた頭皮自体がますますはげを進行さていきます。
事実頭髪の栄養分は、肝臓の機能によって生成されている成分もあります。それにより行過ぎない飲酒量に自己制限することによって、ハゲの妨げになり進み加減も幾分か食い止めることが出来るのであります。
大概の日本人は生え際あたりの髪が薄毛の症状が出てくるより先に、頭頂部あたりがハゲになる傾向が多いのですが、一方白人についてはおでこの生え際&こめかみ部が薄くなり、時間が経つときれこみが深くなっていくのです。


AGA治療を都内で行うなら
AGA治療 東京
AGA治療 東京・銀座・新宿