それぞれの意味

今の時代顧客管理システム採用しなきゃ損ですよ|SFA/CRM eセールスマネージャーRemix Cloud

今回当サイトでは、営業マンの強い味方「案件管理」と「顧客管理」についてその運用と、意義を解説していきます。
案件管理とは、その言葉が示す通り、営業案件の進捗や状況を確認するツールのことです。もっとも、適切に運用できるなら、手描きの台帳でも大丈夫でが、現在では一人で何十社も担当している営業マンも珍しくありませんから、システムの導入が望ましいですね。

顧客管理とは、案件管理よりもっと大枠の話です。顧客情報を適切に分類し収集して、分析するためのツールです。江戸時代の大福帳がこれの元祖だと言われています。新規開拓が非常に難しくなっている日本市場でひときは、注目を集めているシステムです。これが、顧客管理です。

顧客管理も、案件管理もなぜ生まれたのかというと、恐らくは、日本の景気と無関係ではありません。不景気でパイが小さくなっているので、人を雇って戦力強化をする体力が企業側にはありません。更に言うと、的はずれなマーケティングで、自社のリソースを無駄にすることも避けたいのでこのようなツールがとても人気なのだと思います。つまり、的確に「売れる」市場に戦力を投入することです。
次回からは、これらのツールの使い方や扱う情報についてご紹介していきます。